top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

Profet AI が素晴らしい業績を示し、発展に向けた三大戦略を発表

海外市場展開の加速・製品ラインの強化・人材採用や育成の拡大。これらの戦略で成長の動力を創り出す


製造業におけるAIアプリケーション巿場で頭角を現すProfet AI(中国語社名表記:杰倫智能科技 本社:台湾台北市 以下Profet AI)がProfet AI(杰倫智能科技)は本日、設立から現在までの優れた業績を発表し、今年の発展に向けた戦略を発表した。Profet AIは「躍(飛躍)」という文字に期待を込め、2023年の企業キーワードとしている。そして三大戦略である海外市場展開の加速・製品ラインの強化・人材採用や育成の拡大等を通して、10億米ドル以上の市場価値を持つ、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア・サービスでの台湾ブランド構築を継続し、国際舞台に飛躍することで、逆風の時代の中で世界のパートナーや顧客とともに新しい局面を創り出していくという。


製造業に関するノウハウと使いやすい製品による後押し

逆風から成長し成功を重ねるProfet AI


設立から5年を経たProfet AIは、シリーズAの資金調達を昨年終えたばかりであり、現在は合計2億台湾ドル以上の資金を調達している。同社の研究開発チームは、製造業に特化した機械学習アルゴリズムを取り入れることで、ノーコードのAutoMLバーチャルデータ・サイエンティスト・プラットフォームを構築し、製造業がAIアプリケーションを迅速に展開できるよう支援する。 これ以外のデータサイエンスやAIソリューションとは異なり、Profet AI AutoMLプラットフォームでは、企業が関連データを収集してプラットフォームにアップロードするだけで、短時間でケースを参考にした高品質の予測モデルを自動生成し、1週間以内にAIアプリケーションを導入することができる。これによりメーカー側の工場増設や移設、グローバル管理の問題解決、生産効率の向上、ブランド専用のAI競争力構築に役立てることが可能となっている。


製造業への深い知識と使いやすい製品で、Profet AIは昨年の逆境に負けず成長し、海外市場への参入を開始した。 Profet AIは現在、台湾台北、新竹、高雄をはじめ、日本、中国に拠点を持ち、1年で従業員を倍増させたが、100%に近い定着率を見せている。同時に、事業規模も倍増し、資本効率1以上を達成しただけでなく、12の主要製造業の100以上の中堅・大手製造業顧客を獲得し、そのうち70%以上は業界のリーダーや上場企業である、友達光電(AUO)、佳世達(Qisda)、宏遠興業(Everest Textile)、楠梓電(WUS)、長興材料(Eternal Material)、正新橡膠(MAXXIS)等である。


Profet AIの共同創設者兼CEOである黄建豪氏は、現在の製造業におけるデジタル最適化と変革の主な障壁は、製品ソリューションが生産ラインの実際の状況に対応していないという事実にあると指摘した。台湾の製造業は世界の産業チェーンの中でも極めて重要な役割を果たしており、Profet AIは世界的に有名なメーカーとの緊密な協力を利用して、最適なAIソリューションを作成し、世界クラスの製造 AI ブランドと競争することができるだろう。


2023年は企業の大幅な変革に最適な時期

発展に向けた三大戦略で成長の動力を創り出す


黄建豪氏は、現在の地政学と長年にわたるコロナ禍のサプライチェーン危機、人材とエネルギー不足などの問題の影響を受けて、2023年は間違いなく挑戦に満ちた年になるだろうと語った。しかし、これは企業が AI テクノロジーを通じて深い変革と迅速な対応を実行するのに最適な時期でもある。黄建豪氏によると、Profet AIは「躍(飛躍)」を今年の会社のキーワードとして設定したそうだ。成長の動力を生み出すため、海外市場への展開を加速して、製品ラインを強化し、人材の採用と育成を拡大するなどの 3 つの戦略を定めた。ビジネスパートナーや顧客と共に歩み、飛躍的な成長の実現を望む。


グローバル企業のデジタル強化の需要が高まる中、Profet AI は今年も海外市場への拡大を加速させていく。現在拠点を置いている台湾、日本、中国市場のほか、今年は東南アジアにも積極的に進出し、各地のビジネスパートナーの募集を拡大し、共により多くの世界クラスの製造業の顧客を開拓していく。また、Profet AI 既存製品の AutoMLバーチャルデータ・サイエンティスト・プラットフォーム と オンデマンド AI アプリケーション知識ベース「Ready To Go Applications」の改善を継続し、今年中にAIライフサイクル管理製品を発売する予定である。企業の管理データとモデルを追加し、AI自動化プロセスの品質を向上させていくという。


巨大な市場の需要に応えるため、Profet AIも開発、ユーザー体験、グローバル業務、カスタマーサクセスとマーケティングなどの人材を積極的に採用し、従業員数を現在の 50 人から 100 人規模に増やす予定だ。黃建豪氏は、Profet AIの社員の平均年齢は 35 歳であり、さまざまな専門分野の「ハイブリッド」な才能が集まっているため、お互いから学び続け、創造性を刺激し続けることができると述べている。また、同社は社員の組織力の育成に焦点を当てたProfet AI Infinity Programを開始し、その年の優秀な社員は海外展開チームのコアメンバーとして招待される。昨年、同社は初のグローバルインターンシッププログラムを開始し、学生から広く称賛された。今年も実施を継続し、ローカルの人材がグローバルな視野を養い、台湾ブランドが世界クラスのAI 産業の地位を築くことを望む。


 
 

Comments


bottom of page