top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

2024年 企業はAI応用で“勝つ思考”をツールで情報格差を解消、AI戦略と経営目標を結びつけて、「AI」を名詞から動詞とする第一歩を果敢に踏み出そう

2024年が近づきつつある中、企業がAIによって経営の柔軟性と成長力を高めるトレンドはすでに不可逆なものとなっている。製造業向けのAIソフトウエア市場で豊富な経験を持つ杰倫智能科技(Profet AI)は過日、フォーラムシリーズ「Crossover Talks(クロスオーバー・トークス)」台北セッションを開催した。今年最後となる本セッションは、「AI『智』造新思路(AIで生み出す新たな思考」をテーマに掲げ、台湾大学情報管理学部、台湾人工智慧学校(台湾AIアカデミー、AIA)、PCBメーカーの景碩科技(Kinsus)、コネクタメーカーの連展科技(Acon)、材料メーカーの明基材料(BenQ Materials)から、産官学の専門家を招いて経験と意見をシェアしていただいた。企業がAI導入成功を目指す時、計画段階から目標を明確にして業績と緊密に結びつけなければ、目に見える価値を生み出すことはできない。同時に、アルゴリズムをボトルネックとせず、プラットフォームとツールの運用で人材をサポートして情報の非対称を解消し、AIによる管理を始めるべきだ。最も重要なことは、AI管理は避けて通れない道であり、企業はその第一歩を果敢に踏み出し、「AI」を名詞から動詞とする必要があるということである。



▲與會講者嘉賓合照(由左至右:Profet AI 全球業務總經理 余常任、連展投控總經理室資深特助 郭迺文、TPCA 智慧製造召集人暨現任景碩科技資訊長 顏景芳、台大資管系教授 李家岩、Profet AI 執行長 黃建豪、台灣人工智慧協會秘書長  謝禮宗、明基材料 智慧應用開發部經理 江長諭)

▲ゲストスピーカーとの集合写真(左から右:Profet AIの余常任世界セールスディレクター、連展科技の郭迺文総経理室シニアスペシャルアシスタント、顔景芳台湾プリント基板協会(TPCA)スマート製造召集者兼景碩科技CIO、台湾大学情報管理学部の李家岩教授、Profet AIの黄建豪CEO、台湾人工智慧学校の謝礼宗秘書長、明基材料の江長諭スマート応用開発部経理)


Profet AIの黄建豪CEOは、企業がグローバル戦略を推進する中、Profet AIはAIソフトウエアと技術だけでなく、いかにこの製造業中心の台湾から出発して、産業、分野、世代をまたいだデジタルトランスフォーメーションのプラットフォームを通じ、台湾製造業の力を凝縮して共栄を実現するかを考えてきたとし、これがクロスオーバー・トークスを始めるきっかけとなったと語った。本フォーラムは今年、ベトナム、マレーシア、タイ、中国、日本及びシンガポールなど国内外でも開催され、今年最後となる台北セッションには、台湾大学情報管理学部の李家岩教授、台湾プリント基板協会(TPCA)スマート製造召集者を兼任する景碩科技の顔景芳CIO、台湾人工智慧学校の謝礼宗秘書長、連展科技の郭迺文総経理室シニアスペシャルアシスタント、明基材料の江長諭スマート応用開発部経理らが登壇し、AI応用による企業の“勝つ思考”について共に探索した。


変化を続ける市場 デジタルトランスフォーメーションの止まらない成長

良いAIツールで情報格差を解消し、アルゴリズムをボトルネックとせず、高価値を創造


2023年は生成AIがAI時代の幕を開け、企業はAI管理による競争力維持を加速させることとなった。台湾大学情報管理学部の李家岩教授は、デジタルトランスフォーメーションの成長は止まることはないと指摘する。データによれば、デジタルトランスフォーメーション市場の規模は2022年の5350億米ドルから、2032年には3兆3750億米ドルとなり、年平均成長率(CAGR)は20%から26.7%*まで拡大する見通しだ。連展科技の郭迺文総経理室シニアスペシャルアシスタントはコネクタ産業を例として、市場のスピーディーな変化と日増しに高まる顧客の品質に対する要求に対し、企業は管理戦略の改善が必須であり、AIなど先進技術で生産効率と製品精度を向上させなければ、市場の高い基準を満たし、競争力を維持することはできないと指摘した。


李教授は、企業がAIを効果的に定着させたいなら、導入時に川上から川下までのフローを全面的に変える必要があると注意を促した。デジタルトランスフォーメーションの最重要戦略は、組織の内部から着手し、フローの改善とデータ品質の向上と同時に、包括性のあるAIサービスと応用を推進することで、より多くの人の参加を促し、社内の情報格差や情報非対称を解消する必要がある。このほか、企業はデータサイエンスに基づいた思考を実践し、プロジェクトを通じて社内AIの「柱」を打ち立てる必要がある。李教授は、良いAIツールも企業のAI応用を支える柱の役割を担うことが可能だと補足した。


台湾人工智慧学校の謝礼宗秘書長は、企業はAI応用の際にアルゴリズムをボトルネックとせず、正しいツールを選ぶべきだとし、正しいツールを選ぶことで正しいAIの道を歩むことが可能となり、フローの最適化を続け、AIによる管理を始めることができると述べた。また、長期にわたってスマート製造プラットフォーム戦略を提唱してきた景碩科技の顔景芳CIOは、比較的小規模の企業は「プラットフォームを利用して複数と競争する」ことで挑戦に臨むべきと強調した。プラットフォームツールをユーザーに広く提供し、ツールで価値を創造することこそ、スマート製造の前向きな方向なのだ。


AI組織文化の重要な考え方を強化

目標を明確にしたAI投資、標準化した情報アーキテクチャを構築、デジタル人材を確保して実行者をサポート


ゲストスピーカーの多くが、AI組織文化を構築することの重要性を強調した。顔CIOは、企業はAI投資を行う過程で、経営目標の核心に立ち返る必要があると述べた。これはつまり、AI応用の計画と実施において、企業は目標を明確にして、何のためにAIを導入するのかをよく考え、企業の長期的な目標と緊密に結びつけなければならないということ、また各投資項目の利益率(ROI)を明確に設定しなければならないということだ。管理者または計画者が成果をユーザーにシェアすることはさらに重要で、これによってユーザーのツールに対する愛着を高めるのと同時に、企業にとってより高い価値を創造して、ポジティブな循環を生むことが可能となる。


謝秘書長は、情報管理責任者がデジタルトランスフォーメーションを推進する時、最重要任務は標準化した情報アーキテクチャを構築することだと述べた。システムインテグレーション(SI)からビジネスインテリジェンス(BI)へ、さらに人工知能(AI)へと進め、最初のケースで成果を出し(0から1へ)、その成功ケースを広くコピーしていく(1からnへ)。AI推進の過程においては「力を借りる」戦略が重要で、「人参をぶらさげる」必要がある。目標の量化と企業の重要業績評価指標(KPI)を緊密に結びつけなければ、経営層の支持と関心を得ることは不可能だ。


郭総経理室シニアスペシャルアシスタントは、デジタルトランスフォーメーションを「大人への成長」に例えて、全面的な思考の変化だと強調し、AIの定着には全員が参加し、互いに模倣し合わなければ、成功体験をその他の工場へ効果的にコピーすることはできないと述べた。連展科技は、すぐにマスターできるツールを使用して教官候補を訓練し、現在生産、販売、人材訓練、研究開発、財務管理の分野に108人のデジタル人材を有しており、今後3年以内に1000人のデジタル人材を創出することを目指している。イノベーティブなデジタル人材を有してこそ、AIデータを基礎とした労働文化と言語を形成することが可能となり、企業の成長を支えることができる、と郭総経理室シニアスペシャルアシスタントは語った。

自社のAI導入において、推進者と実行者の2つの役割を担った明基材料の江長諭スマート応用開発部経理も見解をシェアし、企業がAIを導入する時、自分の役割を明確に理解する必要があると述べた。AI導入に参加する場合、役割が異なると選択するツールや方法が全く異なるからだ。またROIについては、実行者は推進者と詳細な討論を行うべきであり、また自分自身が推進者である場合は、実行者により多くの支持と理解を示すべきだと指摘した。AI推進は挑戦に満ちた仕事であるため、実行者に安心感を与えることが非常に重要だからだ。



企業と従業員は共にAIの道に果敢に踏み出そう


Profet AIの曽彦潔カスタマーサクセスディレクターは、14の産業、160社以上にわたる大型製造業の顧客のAI導入に関するレポートを、本セッションで初めて外部にシェアした。レポートは、AIを使用するようになった企業のドメインユーザーに対し、AIの実際の効果と見解について尋ねており、70%のドメインユーザーがAIは現在の仕事に役立つだけでなく、今後数年先のAI応用の発展軌道を明確に示していると答えた。また、調査対象者はいずれも、AI最大の強みは多次元かつ複雑なデータを処理できる点であり、これに次ぐ強みはドメイン知識と経験をデータ化し、モデルを構築することができる点だと考えていることが分かった。このほか、AIシステムは24時間データ分析を行えるため、ユーザーは速やかに結果を取得して、作業効率を大幅に向上させることができるという点も挙げられた。


曽カスタマーサクセスディレクターは、企業はAI導入戦略を設計する時、自身のデジタル化、データ管理及び技術運用の現状に基づいて、適したプランを選択すべきだとアドバイスした。AI導入の過程においては、品質管理チームやデジタルトランスフォーメーションチームなど、社内のリソースを十分に活用してスムーズな統合を進めるべきであり、また自社にふさわしいAI応用シーンを参考にして、ノーコードプラットフォームとコンサルティングサービスを利用し、AI導入の第一歩に果敢に踏み出してこそ、企業のAI発展の未来は明るいものとなると述べた。


郭総経理室シニアスペシャルアシスタントは、長期的に見てAIツールが人間の仕事を奪うということはないとした一方で、AI技術を身につけた人がAIを使用できない人間に取って代わることはあるとし、これは避けられない傾向であると指摘した。現在、そろばんのスピードや技術を重視する人がいないのと同じで、これは時代の変遷であり、全ての企業と従業員はこの変化に慣れる必要がある。今、AIの道を歩み出さない者は、最後には退路を断たれる可能性があるのだ。



 
 

Comentários


bottom of page