top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

Profet AIが世界初のエンタープライズ・レベルAI管理プラットフォーム「AILM」をリリース

AIによる「判断の標準化」で企業の新たな管理能力を確立 顧客・提携パートナーと協力してAI管理に台湾発の革新を



製造業向けのAIソフトウエア市場で豊富な経験を持つ杰倫智能科技(Profet AI)は、世界初のエンタープライズ・レベルAI管理プラットフォーム「AILM((AI Lifecycle Management、AI ライフサイクルマネジメント)」を本日リリースした。業界に先駆けて発表されたこのAILMプラットフォームは、企業が初期のAIテーマの探索過程で標準化を行い、実行過程で透明性と組織間提携の流暢性を高められるようサポートする。また、プロジェクト完了後も見本となるAIテーマを効率的に企業内部へ拡散し、ドメイン知識と導入の経験を部門や世代、地域を超えて伝承させることができる。このほか、企業はこれまでの管理とフローの標準化ではなく、AIによる「判断の標準化」で新たな管理能力を確立し、AI応用の競争の中で他社に先んじることが可能だ。Profet AIはこのAILMプラットフォームを通じて、顧客・提携パートナーと協力し、AI管理に台湾発の革新をもたらすことを目指す。


Profet AI 創辦人一同歡慶新產品 —— AILM 上市發表

▲ Profet AIの創業者と共に新製品を歓迎 — — AILMの発表(左から右へ: 陳家豪資訊長、黄建豪CEO、林裕鑫技術長)


AI管理が企業競争の強みに
AILMで製造業の4つの挑戦を克服 企業の管理能力が大きく進化

これまで台湾企業は世界のAI応用分野をリードしてきた。蜂行資本 (Hive Ventures)が発表した2022年の台湾企業のAIトレンド報告によると、台湾企業のAIモデル導入率は50~75%で、世界平均の20~50%を大きく上回った。この差は台湾企業がAI応用に対してオープンであるということだけでなく、データ分析とAIモデル構築をスピーディーに利用し、変化を続ける市場の挑戦に対応することができるということも示している。


長期にわたって製造業のAI応用に注力し、これまで製造業14分野、160社以上の中・大企業にサービスを提供してきたProfet AIは、AIテーマの探索からモデル生成、現場での応用と経験の拡散まで、AIライフサイクルを顧客と構築していく中で、AI導入には▽標準化したテーマの探索過程が不足している、▽実行過程の透明性が低い、▽企業内部におけるAI知識の拡散とシェアが困難、▽従業員の自主学習やAIに関する経験のシェアを奨励する制度が十分でない──という4つの挑戦があることを発見した。これらはいずれも企業のAIによる新たな競争力確立を妨げる。


Profet AIはこの4つの挑戦を克服するため、世界初のエンタープライズ・レベルAI管理プラットフォームAILMをリリースした。AILMはバーチャルAIコンサルティングサービスを統合し、産業のケースライブラリと量化指標を通じて、企業が計画段階でAI戦略と業務目標を高度に結びつけられるようサポートできる。また、革新的なメカニズムと直感的なダッシュボード設計で、ユーザーと管理者は効率的に各AIプロジェクトの進度を追跡し、AI応用の経験を部門や世代、地域を超えて拡散することが可能だ。さらにAI導入の経験を内部の知識ベースに蓄積して、企業のより早いAIデモクラシーの達成、市場競争力の強化を支援できる。


Profet AI 共同創辦人暨執行長黃建豪,回顧今年Profet AI成果,分享 AI 應用趨勢

▲ Profet AI共同創業者の黄建豪CEO、今年の成果を振り返り、AIアプリケーションのトレンドを共有


Profet AIの創業者である黄建豪CEOは、生成AIがAI時代の新たな章の幕を開けたとし、人類社会はまもなく再進化すると予告する。AIはまさに人類が「火を使うことを知った」ことと同様に、人類の発展に重大な意義をもたらした。人類は火を使うことで食物を加熱し、より多くの栄養を得られるようになり、同時に時間を大きく節約できたことで、新たな発見をする時間を持てるようになった。いまやAI管理は企業にとって競争の強み維持に欠かせない能力となり、企業は大量のデータとメソッドからより多くの養分を得て、再進化を加速させることが必要なのだ。黄CEOは、テクノロジーの変革が企業管理に絶え間ないイノベーションを起こし、AIモデルの広範囲における応用が新たな標準化の基礎となったと指摘する。企業は、世界各地でスピーディーに効率的なフローをコピーし、人為的な判断ミスを減少させ、人が主導する従来のフロー管理から「判断の標準化」による新たな管理方法へ進化しなければならないのだ。


世界初のエンタープライズ・レベルAI管理プラットフォームAILM
AI管理は標準化の時代へ 今年末までに生成AIと統合して使用効率と体験を最適化

Profet AIがリリースしたAILMプラットフォームは、エンタープライズ・レベルのAI管理ツールを全く新しい標準化の時代へと導く製品だ。AIライフサイクルに合わせた意思決定のために設計されており、企業は社内外の問題解決の過程における実行、追跡、意思決定の情報統合・応用を効率的に管理できる。これによって企業はすばやく成功体験のコピー、実行の判断を行って、AIデモクラシーを達成することが可能となる。

  • AILMはAI産業のケースライブラリと標準化を行うAI管理ツールを提供する。ユーザーと管理者はAI応用思考を確立して、柔軟に調整できるテンプレートで様々な業務に対応し、多様な方法でプロジェクトの効率を高めてAI応用の成果を拡大できる。

  • AILMは即時追跡機能によって分析を最適化し、チームがプロジェクトの進捗とデータをリアルタイムで把握して問題を明確に定義できるようにする。これによってプロジェクトの成功率と投資利益率(ROI)を高められる。

  • AILMの即時分析ツールは、チームのデータモニタリングを強化し、プロジェクトの品質を確保する。また、チームがより深く思考し、問題を全面的に理解できるようになり、AI導入の問題を効率的に解決することが可能となる。

  • AILMは企業が長期的に蓄積したAI知識と経験を知識ベースに保存し、AI応用のドメイン知識と経験の部門や世代、地域を超えた伝承を実現する。これによって企業はグローバル化した挑戦に対応し、AIデモクラシーを達成できる。

  • AILMとProfet AIのノーコードAutoMLプラットフォームと統合すれば、企業は戦略的目標に合わせて大量のAI応用の開発と導入を行い、よりすばやくAIツールと日常的な作業フローをシームレスにつなぐことが可能となる。また、AIモデルを蓄積し続け、判断の標準化に必要な能力を身につけて、AI応用をリードする企業となることができる。


Profet AI 共同創辦人暨技術長林裕鑫,介紹新品 AILM - AI 生命週期管理平台

▲ Profet AI共同創業者の林裕鑫技術長、新製品AILM - AIライフサイクル管理プラットフォームを発表


Profet AIの共同創業者である林裕鑫技術長は、Profet AIは幸運にも各国製造業100社以上の顧客から貴重な経験を集め、世界初となるエンタープライズ・レベルのAI管理プラットフォームを誕生させることができたと語る。Profet AIは今後も顧客の声に耳を傾け、ニーズと期待をAILM製品に取り入れていく。今年末までにAILMと生成AIを統合させ、AI管理ツールの使用効率と体験を大幅に高めることが目標だ。


Comentarios


bottom of page