top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

今こそ「AIの火」の使い方を学ぶ最善の時


ChatGPTが登場して生成系AIが突如AI時代の幕を開け、人類社会の新たな進化が始まった。しかし、このAI進化の波の中で、人類の仕事がAIに奪われるのではないかという不安も高まっている。この点に関し、杰倫智能科技(Profet AI)の創業者の一人であり、研究開発長でもある陳家豪は、米国スタンフォード大学コンピューターサイエンス初のセコイア教授でGoogleの前主席データサイエンティスト、李飛飛氏の理念に強く同意する。それは「人間中心のAI」(Human-Centerned AI)、つまりAIは人間の能力を「増強」するために存在し、人間に「取って代わる」ために存在するのではないということだ。この理念は、Profet AIが創業時に掲げた「人を重視する」(We Are All About People)という座右の銘に呼応している。陳研究開発長は、現在の状況は原始時代に人類が「火を使うこと」を知った時と似ていると言う。今こそ学習を加速させ、AI応用を理解する最善の時であり、それでこそ「AIの火」で競争の強みを得て、世界をより良くすることが可能となるのだ。




人を重視する-We Are All About People


陳研究開発長は、Profet AIを創業したその日から「人を重視する」を座右の銘のひとつとしてきた。これは、AI出現の目的は人に取って代わることではなく、人により良い生活をもたらすことであるという意味である。人が存在しなければ、AIは存在しない。つまり、AIの本質とは人に学び、人が手にし、人が使うものなのだ。「人を重視する」という理念はProfet AIの企業文化を体現しているだけでなく、製品にも深く根付いている。Profet AIは20年以上製造業で培ってきた経験から、ノーコードのAutoML製品と導入後すぐに使用できるAIアプリケーションライブラリ「Ready To Go Applications」を開発した。これにより、ヒューマンリソース、営業、生産、研究開発など各部門の内容領域専門家のAI運用による目標達成、そして企業のAIデモクラシーの実現をサポートしている。


近い将来、AIが人類に取って代わるかどうかという議論について、陳研究開発長は人類が火を発見してから、火の保存方法を理解し、火の起こし方を学習するまで、「火を使う」という技術は人類の知力が決定し、人類発展の基礎となったと例える。私たちは現在のAIを火とみなし、今こそその使い方を学習する時なのであり、なじみがないからといって排除したり恐れたりする時ではないのだ。人々がその技術を手に入れた時、それはさらに頻繁に運用されるようになり、より大きな競争の強みを持てるようになるだろう。


陳研究開発長は、顧客は生産ラインにAutoMLのバーチャルデータサイエンティストプラットフォームを導入したばかりの時、ベテラン技術者やデータサイエンティストチームに取って代わってしまうのではないかと心配すると話す。しかし、実際にAI導入によって成果が得られると、顧客はAIとは各部門の効率向上をサポートするものだと理解し始める。また、領域専門家や生産ラインのベテラン技術者も、「労働者の知恵」による作業では実施できなかった新たなプランや方法の実行に多くの時間を割けるようになる。これこそが、AIが人類の能力を「増強」できるという証拠のひとつである。



正しいパートナーを見つけて「AIの火」の活用方法を学習


しかし忌憚なく言えば、新たな技術の登場には必ず利害が伴うものだ。前述した人類と火の例で言えば、火は注意深く取り扱わなければ人類社会に危害を及ぼすものとなる。陳研究開発長は、現在全速力で進むAIの発展に伴って生まれた強い偏見や誤った情報、プライバシーの侵害などの問題について、正しい答えはまだ見つかっていないと言う。絶え間ない領域を超えた対話と意思疎通、異なるプラットフォームや場所の専門家や技術者の対話を通じてのみ、その答えを見つけることができる。Profet AIが2022年から開始したフォーラムシリーズ「Crossover Talks(クロスオーバー・トークス)」は、まさに異なる領域の産学専門家と企業が交流するプラットフォームとして、全員参加のブレインストーミングで最良の答えを見つけ出すことを願って始まったものだ。


陳研究開発長はまた、現在AIに関する議論が繰り広げられている中、「AIの火」の活用方法を学習したい企業は、ニーズを正確に把握し、正確な方法とサポートを提供できるパートナーを見つける必要があると指摘する。例えば、Profet AIが提供するAIハッカソンやワークショップなどのコンサルティングサービスは、AI応用に対するマインドセット、AI課題の発見、スピーディーなモデル構築と運用、そして企業全体への拡散という流れの中で、顧客が効果的にAIを運用、実践できるようサポートする。これによってこそAIの力を活用し、個人や企業の目標を達成することが可能となる。


このほか、Profet AIは2023年下半期にAIライフサイクルマネジメント(AI Lifecycle Management; AILM )をリリースする予定だ。ノーコードAIプラットフォームが構築したモデルを統合管理するだけでなく、モデル構築前に生成される全知識の管理を拡大できる。陳研究開発長は、まもなくリリースされるAILMは今後必ず出現する大量のAIモデルの管理ニーズを満足させるために開発したと言う。未来の企業はいずれも「AIの火」を適切に管理するためにAILMが必要となり、AIで人類社会により多くの利益をもたらすこととなるだろう。

 
 


Comments


bottom of page