top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

Profet AIが台湾大学情報管理学部・李家岩教授を顧問に招聘AIデモクラシーの未来を共創


製造業のAI応用市場を深耕する杰倫智能科技(Profet AI)は、台湾大学情報管理学部の李家岩教授を招聘したことを発表した。今後、李教授は製品開発及び産業発展の顧問として、AI応用の全面的普及と深化の推進、産業顧客のイノベーションと永続的成長のサポートをProfet AIと共に手掛けていく。


李教授は工業・システム工学の博士で、製造データサイエンス、スマート製造システム、生産力と効率分析、カーボンオフセット及びカーボントレードが専門だ。統計方法と最適化技術による製造現場の生産効率と品質の向上、また生産能力計画、生産スケジュール、製造プロセス診断、予測メンテナンス、原材料価格予測、調達計画などへの関連応用を得意とする。これまで製造業の産学提携計画の責任者を多数務めたことがあり、学術研究と産業実務における豊富な経験を有する。著書に「製造データサイエンス:スマート製造とデジタル決定に向かって」があり、製造業に豊かな知識をもたらした。


李教授は、これまでの人の脳による思考は低次元に安住してしまいがちで、それを打破することは容易ではなく、ビッグデータの因子間の非線性相互作用を把握することは困難だったと指摘する。しかしAIの出現によって、人類社会に多くの発展のチャンスがもたらされることとなった。李教授は、企業は景気と環境が目まぐるしく変化する中、より積極的にAIを活用して異なる可能性を追求し、未来の成長を決定する主導権を手に入れるべきだと語る。


Profet AIは製造業で培ってきた豊富なドメイン知識と簡単に使いこなせるノーコードのAutoMLバーチャルデータサイエンティストプラットフォームで、製造業のAI応用を支援してきた。その他のデータサイエンスやAIソリューションとは異なり、Profet AIのAutoMLプラットフォームは、企業が関連データを収集してアップロードするだけで例を参考に高品質の予測モデルを短時間で生成し、1週間で結果を出せるようになる。これにより、工場が直面する生産拠点の移転や拡大、またはグローバル化管理の問題を解決し、生産効率を高め、ブランド独自のAI競争力を確立することが可能となる。これまでProfet AIは、製造業12産業、100社以上の中・大型企業のAI導入を支援してきた。このうち7割が、友達光電、佳世達科技、宏遠興業、楠梓電子、長興材料、正新橡膠など各産業をリードする大手企業や上場企業である。


杰倫智能科技(Profet AI)の創業者の一人でもある陳家豪研究開発長は、李教授はスマート製造とデジタルサイエンスの分野における豊富な研究開発経験と洞察があるとし、Profet AIに製品開発と市場開拓に関するプロフェッショナルなアドバイスと指導を提供するだけでなく、Profet AIの産学提携強化をサポートし、今後共にイノベーションと発展のチャンスを模索していくと語った。李教授の協力を受け、Profet AIは世界の提携パートナー及び産業顧客とAI競争の中で新たな局面を共創し、世界レベルのAI応用を確立するという目標により近づくことができるだろう。



 
 

Comments


bottom of page