top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

市場深化への決意を示し、Profet AIが日本市場のビジネスを強化ソフトバンク傘下のスタートアッププログラムに台湾企業が初選出され、同社のAIプラットフォーム製品が新バージョンをローンチ



製造業のAIアプリケーション市場を深化する杰倫智能科技(Profet AI)は、年初に海外市場への展開を加速する計画を発表して以来、すでに日本で多くの重要なマイルストーンを達成した。愛知県と500 Globalが主催する「Accelerate Aichi by 500」の海外スタートアップ向けプログラムLanding Padが2月に成功裏に終わったことに続いて、日本市場に対するビジネスを引き続き強化する。Profet AIは先月、日本のSoftbankの子会社Station Aiが開催した「Pre-Station Ai」スタートアッププログラムに参加し、急速に拡大する市場のニーズに対応するために、ノーコード(no-code)AutoMLバーチャルデータサイエンティスト・プラットフォーム製品をバージョン4.1にまで更新した。


「Pre-Station Ai」スタートアッププログラムは、Softbankの子会社である Station Aiが主催するスタートアッププログラムで、目的はオープンイノベーション (Open Innovation)の促進、およびスタートアップ企業のインキュベーションや発展をサポートである。Profet AIは選考に競り勝ち、今期プログラム23社のスタートアップ企業の1つになった。また、当プログラムで選ばれた初の台湾企業でもある。このプログラムの助けを借りて、Profet AIは日本市場に更に深く入り込み、より多くのビジネスチャンスと協力の機会を創り出す。


急速に拡大するAI市場のニーズに応えて、Profet AIはスタートアッププログラムに加入するだけでなく、更にその製品ラインも更新し続ける。そのノーコード(no-code)AutoMLバーチャルデータサイエンティスト・プラットフォームは、すでにバージョン 4.1にまでバージョンアップした。今回のバージョンアップは台湾の100を超えるお客様のフィードバックに基づいており、その製品の性能を最適化するばかりでなく、AIモデルの可視化機能を強化し、製品を更にユーザーに近づけ、「誰もが簡単にAIツールを使用してデータ分析ができるようにする。」という開発理念に更に一致させる。また、Profet AIは今年半ばにまもなく世界初のAIライフサイクル管理新製品(AI Lifecycle Management)を発売し、製造業における大規模AIモデルの保守・運用に関する難題やナレッジマネジメントを解決し、企業とともにAIGC(AI Generated Content)の未来を先取りする。


日本の製造業がAI技術を導入し、迅速に実装するのを更にサポートするために、Profet AIはUbiquitous AIと手を取り合って5月10日から5月12日に東京で開催されるAI Expo展示会に参加する。この展示会でProfet AIは迅速に活用できる製造業のAIソリューションを展示し、世界各地から参加する出展メーカーや来訪者と交流する。6月には東京で開催される製造業DX展にも出展し、すぐに実装できるAIのテーマを多数出展する。将来Profet AIは日本市場を広く開拓し続け、日本の現地のパートナーとの協力を通じて、製造業におけるAIの普及を促進し、企業の従業員の80%がデータサイエンティストになれるようにする。


Profet AIの共同創設者 兼CEO黄建豪は、「過去にProfet AIは、AIの技術を100%自社開発のAutoMLソフトウェアを通じて、台湾の世界トップの製造業に迅速に実装することに成功し、企業に迅速に活力を与える手助けをし、更にプロセスと研究開発の反応速度を向上し、ESGとグローバルレイアウト等のニーズを満たす。一流の製造業で弊社の製品を徹底開発することは、更に製造業のAIのニーズに近づけることができる。」と述べた。現状運用分野にも広がっており、例えば、人件費が比較的高くESGの発展を重視する日本に対して、黄建豪は「日本には業界の直面している課題を解決するために、AIの技術を応用するとてもよい基盤がある。Station Aiのスタートアッププログラムおよび今後の展示会での交流を通じて、更に日本のユーザーとお近づきになれることをとても嬉しく思う。私は Profet AIの迅速に実装する AIソリューションは、日本の企業のためにより多くの価値を創り出すことができると確信している。」と指し示した。



関連ニュース



 

 


Comments


bottom of page