top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

Profet AIクロスオーバー・トークスがベトナムで初の海外開催台湾のAI産官学提携と企業リソースで現地企業と人材をサポート

製造業向けAI応用市場で実績を持つ杰倫智能科技(Profet AI)は、Hive Ventures(蜂行資本)が主催する「Galaxy Quest :HCMC」と提携し、フォーラムシリーズ「Crossover Talks(クロスオーバー・トークス)」をベトナム・ホーチミンで開催した。初の海外開催となったクロスオーバー・トークスには、トップ企業の経営者と学術専門家が集い、台湾とベトナムの製造業におけるAI応用の発展について討論が行われ、復活のチャンスをつかみ、デジタルトランスフォーメーションに投資し、データ知識を力としてAIツールとエコシステムのパートナーを活用することを出席者へ提案した。今回は約80名の台湾の大手企業とベトナムの大手メーカーが参加し、人材のデジタルアップグレード戦略について盛んな交流が行われた。


製造業向けAI応用市場で実績を持つ杰倫智能科技(Profet AI)は、Hive Ventures(蜂行資本)が主催する「Galaxy Quest :HCMC」と提携し、フォーラムシリーズ「Crossover Talks(クロスオーバー・トークス)」をベトナム・ホーチミンで開催した。

▲約80名の台湾の大手企業とベトナムの大手メーカーが出席して交流が行われた。


近年、ベトナム経済の発展は目覚ましく、数多くの多国籍企業が工場を相次いで設置している。しかし、不安定な国際情勢とアフターコロナ時代の到来によって、世界市場の需要は低迷しており、ベトナム製造業も課題に直面することとなった。Profet AIの共同創業者である黄建豪CEOは「多くの顧客がベトナム市場に非常に注目している。たしかにフレンド・ショアリング(friend-shoring)がベトナム製造業に目覚ましい発展をもたらしているが、これにより人材のアップグレードとサプライチェーンの移動が需要な課題となった。Profet AIは人材を育成し、AIですばやく結果を出せるように製造業を支援してきた豊富な経験がある。今回海外開催のクロスオーバー・トークスで台湾の高水準のAI官民学提携と企業リソースを統合し、成功例をシェアして、ベトナム製造業が人材育成、デジタルアップグレードとデジタルトランスフォーメーションをよりすばやく効果的に実現し、世界製造業における重要性を高められるようにサポートしたい」と述べた。

今回のフォーラムには、台湾大学情報管理学部の李家岩教授、Hive Ventures 創業パートナーの李彦枢氏、台湾人工智慧学校(台湾AIアカデミー、AIA)の郭秉宸産学長、PwCの銭家龍執行董事、友達数位(AUOデジテック)の趙新民執行副総経理、MacroventionのDen Ng セールスディレクター、正新橡膠工業(MAXXIS)の陳柏嘉最高情報責任者、連展投資控股の詹長霖イノベーションアドバイザー、台湾と東南アジアの産学における先駆者を招き、台湾の最高クラスのAIリソースと応用例を来賓にシェアした。


(左から)Profet AIの余常任営業ゼネラルマネージャー、MacroventionのDen Ngセールスディレクター、友達数位(AUOデジテック)の趙新民副総経理、正新橡膠工業の陳柏嘉最高情報責任者、Hive Ventures創業パートナーの李彦枢氏、Profet AI共同創業者の黄建豪CEO、台湾大学情報管理学部の李家岩教授、台湾人工智慧学校(台湾AIアカデミー、AIA)の郭秉宸産学長、五崧捷運の邱承緯副総経理、連展投資控股の詹長霖イノベーションアドバイザー、PwCの銭家龍執行董事、Profet AIの鄭宇成セールスディレクター。

▲(左から)Profet AIの余常任営業ゼネラルマネージャー、MacroventionのDen Ngセールスディレクター、友達数位(AUOデジテック)の趙新民副総経理、正新橡膠工業の陳柏嘉最高情報責任者Hive Ventures創業パートナーの李彦枢氏、Profet AI共同創業者の黄建豪CEO、台湾大学情報管理学部の李家岩教授、台湾人工智慧学校(台湾AIアカデミー、AIA)の郭秉宸産学長、五崧捷運の邱承緯副総経理、連展投資控股の詹長霖イノベーションアドバイザー、PwCの銭家龍執行董事、Profet AIの鄭宇成セールスディレクター。



景気循環の低迷期 かぎとなるのはデジタルトランスフォーメーションへの投資


オープニングスピーチでは、台湾大学情報管理学部の李家岩教授が経済衰退期における企業のデジタル化戦略について貴重な見解を述べ、企業は積極的にデジタルトランスフォーメーションへの投資を行うべㄗきと指摘した。また、AI 統合の文化と持続的な発展を支える能力を確立することの重要性について強調し、景気低迷期だけに限ったことではなく、たゆまぬ努力が必要であると喚起した。


Hive Ventures創業パートナーの李彦枢氏は、Hive Venturesが発表した2022年台湾企業のAI現状報告において、取材対象企業の57.6%が新型コロナ流行によってAI導入が加速したと回答し、製造業のAI応用が急速に成長しており、これはAIによる経営効率の向上と製造工程の最適化の重要性を反映していると指摘した。李氏は、AI導入を効果的に加速させるためにはノーコードプラットフォームを採用してフローを簡素化、標準化し、技術者以外も参加できるようにするべきとアドバイスした。


Profet AIの余常任営業ゼネラルマネージャーは「5つの1兆元産業を有する台湾市場から、Profet AIは100以上の顧客のAI導入成功例を携えてベトナムへやってきた。成熟したAI技術でベトナムの人材を育成し、我々とベトナムが共に成長目標を実現できるようサポートしたい」と述べた。


強力なエコシステムのパートナー AI応用を後押し


スマート製造で優れた実績を持つ友達数位(AUOデジテック)の趙新民執行副総経理は、AUOは限界価値を発揮して、スマート製造ソリューションをサプライチェーンのパートナーに提供したいと述べた。長期的な提携パートナーとなった顧客は、Profet AIのAutoMLプラットフォームによって生産、研究開発からサプライチェーンの管理までにおいてAIデモクラシーを達成しており、さらにAUOデジテックのIoT ゲートウェイ「SPIIDER」で収集した既存設備のデータをProfet AIとの提携で領域専門家が応用できるようにし、完全なデジタル戦況報告室を構築していると説明した。

優れたソリューションとは、その土地の事情に適した措置を取れなければならない。Macroventionは東南アジア市場で長年の経験を持つProfet AI初の東南アジアにおけるパートナーだ。MacroventionのDen Ngセールスディレクターは「我々はProfet AIが現場スタッフのニーズを理解している点を評価している。製品が現場で容易に使用できるだけでなく、データサイエンティストを雇用する高いコストを削減することも可能だ。データ統合によってプラットフォームがただちに重要要因を見つけ、すぐにAIモデルを構築することが可能で、高効率を追求する東南アジア市場に非常に合っている」と語った。

また、今回はITコンサルティング業界で名高いPwCの銭家龍執行董事も登壇した。銭執行董事はPwCのレポートをシェアし、AI応用はサプライチェーンの再構築よりも需要であるとし、「デジタルトランスフォーメーションにAIは欠かせない。今やデータは単なる資料ではなく、知識として見なければならないものだ」と述べた。AI技術のスピーディーな導入に際し、コンサルタントの広い視野から企業のデジタル化計画の完成をサポートしている。


豊富な実績を台湾とベトナムの企業へ データ知識の力を発揮


また今回のクロスオーバー・トークスは、現地企業の参考として、AI導入の実績を持つ台湾企業をベトナムへ招くことができた。

正新橡膠工業の陳柏嘉最高情報責任者は「我々はベトナム市場への投資を増加させるだけでなく、いかにベトナム市場に協力するか、台湾のベテラン技術者の経験を持ち込むことができるかを考えてきた」と述べた。正新橡膠工業は、AIツールによってベテラン技術者の経験をデータ知識とし、各工場で応用して生産能力を引き上げただけでなく、現地作業員の技術力も高めている。重要データを見つけ出すProfet AIのプラットフォームでベテラン技術者の経験をコピーした昆山工場は、完全自動工場化を達成した。


五崧捷運は、車両メンテナンスの点検と修理予測において結果を出している。誤差は0.2週で、車両の任務執行時の稼働停止を削減しており、今後はタイヤ費用の予測に着手する予定だ。邱承緯副総経理は「タイヤの消耗は運輸業にとって極めて高いコストとなる。データから最適なタイヤを見つけ出すことは、当社の役に立つだけでなく、タイヤのサプライヤーが最適な製品の組み合わせを見つけられるようサポートすることにもつながる」と指摘した。


連展投資控股の詹長霖イノベーションアドバイザーは、デジタルトランスフォーメーションをトップダウンで進める一般企業とは異なり、「サンドイッチの法則」を採用したと言う。一般社員もデジタル化プロジェクトに参加させることで、上層と下層が共通のデジタル言語を持つようにし、デジタルトランスフォーメーションコンテストを毎期実施している。現在、651件のデジタル化プロジェクトが実行され、このうちProfet AIプラットフォームを使用したプロジェクトが470件だ。


「屯田制」のようにデジタル人材を育成 AIを領域専門家の武器として持続可能な経営へ


台湾で初めてAI人材育成を手掛けた台湾人工智慧学校(台湾AIアカデミー、AIA)の郭秉宸産学長は、東漢末に曹操が採用した「屯田制」を例えに挙げた。平時は兵士が耕作を行って食糧を貯え、戦時にはその備えで戦うという制度だが、まさに企業も同様で、普段から領域専門家とベテラン技術者の経験でAIエンパワーを推進してこそ、デジタルトランスフォーメーションによるアップグレードの時にヘッドハンティングやコンサルティングサービスに過度に依存する必要がなくなる。郭産学長は、人材の流出を心配するなら、積極的にAIへの投資を行ったほうがよいと述べた。



 
 

Comments


bottom of page