top of page
hero-bg-08.jpg
Profet AI Insight

私たちが最新情報や産業観点を理解することで

逆風の中での企業の持続可能性 - 危機をチャンスに変え、ドメイン知識を強化し、AIデータから学ぶ

世界的な景気後退が懸念されており、今後の課題は企業の回復力と将来の市場構造の英知が問われることになる。前國巨(YAGEO)CEO、今Jensen Capitalの創設者である黄峻樑氏は、逢甲大学(Feng Chia University)、AUO、Gogoro、MAXXIS(マキシス)、台湾人工智恵学校」(タイワン AI アカデミー)の多くの業界および学術専門家とともに、AIデータとツールの能力を重視し、業界ドメインの専門知識を強化し、組織間で協力するよう企業に助言した。専門家は、景気回復時に勝者になれるように、ビジネスリーダーは正しい決定を下し、危機に瀕して市場に参入し、事前に展開する必要があると指摘した。。


前國巨(YAGEO)CEO、今Jensen Capital創設者の黄峻樑氏は、企業リーダーは景気循環を信じて早期にAIを導入するべきだと提案した


世界が2023年に向けてカウントダウンを進める中、主要な国際機関は、来年の世界経済は厳しいものになると予測している。国際通貨基金(IMF)は、2023年の経済成長率は引き続き1%未満に下方修正される可能性があると指摘する。最近、Taiwan Institute of Economicsは、2023年の台湾の経済成長率を2.91%に下方修正した。ビジネスリーダーは世界的な逆風に直面し、突破口を開く戦略を熱心に探し求めている。Profet AI(https://www.profetai.com/?lang=ja )は、製造業向けのAIプラットフォームの大手プロバイダーであり、このほど、台中でフォーラム「Crossover Talks:AI & Economic Cycles(クロスオーバートーク:AIと景気循環)」を開催した。このイベントには、Jensen Capitalの創設者である黄峻樑氏、逢甲大学のSchool of Interdisciplinary Design学部長である佘日新氏、AUO Digitechの上級副社長である趙新民氏、Gogoro(ゴゴロ)の製造ディレクターである黄至偉氏、MAXXIS(マキシス)の次長である陳柏嘉氏、台湾人工智恵学校」(タイワン AI アカデミー)の産業開発ディレクターの郭秉宸氏が招かれ、参加者全員と経験を共有し、有益な解決策のアイデアを探るブレインストーミングを行った。

景気循環を信じ、優れたリーダーの視点を養う:危機をチャンスと捉える

黄峻樑氏は、最後の金融危機から四半世紀が経ち、新たな景気後退の波がやってくるだろうと語った。企業のリーダーは景気循環を信頼すべきであり、市場の低迷は企業が人員、設備、原材料、方法、環境の質を改善するのに最適な時期である。黄峻樑氏は、2008年の金融危機の中で國巨(YAGEO)を率いた経験を紹介した。彼は不況時に逆の行動を取り、低価格での設備調達に大胆に投資し、人員を動員することで、景気回復時にいち早くビジネスチャンスを捉え、成功を収めた。

黄峻樑氏によると、AIアプリケーションは、現在の景気後退期における最良の投資選択肢の1つである。優れたリーダーは全体像を把握する必要があり、そのためには信頼できるインテリジェンスに頼る必要がある。同氏は、リーダーはAIを展開する際に適切な正しい考え方をとり、AIをデータやドメイン知識と組み合わせてインテリジェンス情報を生成する必要があると提案した。こうした行為は、AI活用による持続可能な事業運営を確かなものとする、と同氏は指摘した。

Jensen Capital創設者の黄氏は、リーダーは景気循環を信じて早期にAIを導入するべきだと提案した。

企業のライフラインを支えるAIツールでドメイン知識を強化

逢甲大学の佘氏は、AIの展開に関する自らの所見についても説明し、AUOとSchool of Interdisciplinary Designによる指導を受けた企業に焦点を当てた。同氏は、AIは魅力的な用語ではないことを指摘した。企業はAIがただ1つのアクションで導入できることを期待すべきではなく、それどころか、導入には詳細なワークフローが必要であり、リソースを効果的に統合するために、部門間および分野間のコミュニケーションと調整が必要であると指摘した。

AUO Digitechの趙氏は、AUOの人員がAIとプロセス改善に対する高い意識を持つことで、同社がAI活用の優等生になるのに役立ったと語った。AUOは、5年以上にわたって1000人以上のスタッフを関連するトレーニングに従事させてきた。AIは長い間AUOのDNAに組み込まれており、このようにして初めて、人件費を削減し、生産量を拡大し、生産性を30%向上させることができる。

パネリストは、コンピューティングとアルゴリズムを使用することでAI展開を成功させることができるものの、勝利への鍵は実際にはドメイン知識であると説明した。Gogoro(ゴゴロ)の黄氏は、機械、航空宇宙工学、半導体業界での専門的な製造経験を披露し、企業は専門的なパートナーがAIツールや活用方法を展開するのに最も適しているものの、ドメイン知識を深めることに重点を置く必要があることを強調した。台湾人工智恵学校」(タイワン AI アカデミー)の郭氏はまた、現在の地政学的状況では、すべての人の役割が置き換え可能であるため、企業が無敵であり続ける唯一の方法は、ドメインの知識を継続的に向上させることであると述べた。

AIデータを教師として使用する

2代目への継承が現在進む中で、継承を円滑に行い、新境地を開拓することは、多くの新世代の後継者にとって重要な問題である。MAXXIS(マキシス)の陳氏は、同社が遭遇した共通の問題は、ビジネス効率を改善するために新しいテクノロジーと方法を導入するよう前の事業主を説得することだったと語った。同氏は、伝統的産業の95%以上の企業がAIを理解しておらず、AIにどれだけのリソースを投資すればよいか、どのように着手すればよいかがわからないと述べた。陳氏のリーダーシップの下、MAXXIS(マキシス)はProfet Aiのプラットフォームを直ちに実装し、効果的に歩留まりを改善し、テスト時間と廃棄量を削減し、同時に開発コストを削減した。高速で理にかなった実データを物的証拠として示すことによって、第2世代の後継者は第1世代のリーダーの信頼を勝ち取ることができる。

黄氏は、第1世代のリーダーは時間と資金に依存して経験を蓄積するのに対し、第2世代のトップマネージャーは視点に重点を置き、データの力を利用して持続可能なビジネスを運営することを重視していると指摘した。Kuo郭氏は、企業がデジタル最適化を実現しAIで競争力を強化するために、データを日常業務として扱うべきだと提案した。

Crossover Talks:AI & the Economic Cycleシリーズイベントを高雄で開催

Profet AIの黄建豪最高経営責任者(CEO)は、Profet AIは長い間、製造業に重点的に取り組んできたので、現在の国際情勢や市場の課題に直面してAI活用の方法を理解しようとしている顧客の課題を理解していると述べた。今年、Profet AIは一連のフォーラム「Crossover Talks:AI & the Economic Cycle(クロストーク:AI & 経済サイクル)」の開催に着手し、業界および学術の専門家や企業とのブレインストーミングによって解決策を見つけたいと考えている。次回のフォーラムは12月8日に高雄で開催され、Profet AIは企業の友人の参加を歓迎する!

 
 

Comments


bottom of page