top of page
hero-ind-07.jpg
応用産業

化学工業産業

石油精製の最適なパラメータ提案を採用して、利益を上がる。

現状

プラスチック・ゴム産業(石油化学産業)とは、石油または天然ガスを原材料として化学品を生産する産業を指し、最終製品は石油化学製品と呼ばれます。プラスチック・ゴム産業は、人々の生活に密接な関係のある基幹産業です。製品は衣食住、交通、医薬品などに広く使用されており、現代人の生活と深いつながりがあるため、プラスチック・ゴム産業の需要は経済成長率を予測する指標とされています。

Petrochemical_Rubberindustry

挑戦

プラスチック・ゴム産業の従業員は経験に頼ることが多く、原材料配分の開発、製造プロセスの改善、原材料の調達まで、ベテラン技術者の知識が欠かせません。いかに彼らの経験とデータを利用してAIでモデルを構築し、重要な知識を保存、最適化するかが非常に重要な課題となっています。

   応用シーン

応用製造プロセス - 配分の研究開発、品質、原材料調達。

原材料価格の予測

原材料価格は製品コストの大きな比率を占めます。AIでモデルを構築し、調達の意思決定をサポートすることで、利益をより高めることが可能です。

製品の研究開発をサポート
品質予測

プラスチック・ゴム産業の製造プロセスは、コントロールが可能な要素と不可能な要素が多くあるため、製品品質の予測が困難です。石油の精製過程で収集したリアルタイムのデータを利用して予測モデルを構築し、実験室での検査にかかるコストを大きく削減して、良品率を向上させることができます。

データを利用してAIでモデルを構築し、材料の研究開発をサポートすることは新しい方法のひとつです。モデルを利用して重要な物理的、または化学的特質をシミュレーションすることで、テストサンプルの製造回数を減少させ、研究開発のスケジュールを短縮することができます。

​化学工業産業顧客

宏遠興業
中國砂輪-logo.png
明基材-logo.png
三芳-logo.png
南寶-logo.png
四維-logo.png

顧客の声

なぜ私たちの顧客の継続率が98%に達するのでしょうか?

化学工業産業の AI 技術応用多様な挑戦に対応

近年、化学工業産業は多様な挑戦に直面している。とくに国際情勢におけるESG(環境・社会・ガバナンス)への対応は、今後10年間で最大の課題となるだろう。いかにエネルギー節約と二酸化炭素排出量の削減を行い、ムダを省くか、これは最も手強い問題である。

ESGへの対応のほか、産業の構造とトレンドの変化も避けては通れない難題だ。近年、ハイテク産業の給与構造と環境の強み、学校の人材育成、人材の就業選択などの要素が複雑に関連し、化学工業産業に世代断絶が起こっている。これらの人材に起因する問題が直接的あるいは間接的に企業経営に影響した結果、技術者の経験伝承、新製品の研究開発、経営の最適化などが大きな挑戦となった。

​ディレクトリ

01   序文
​02   未来の化学工業産業の人材はAI応用の達人でなければならない
​03   産業の問題を熟知するProfet AIが開発した24時間稼働する「バーチャルAIデータサイエンティスト」
​04   AI応用によるモデリングのプロセス
​05   今後の展望

call-bg-03.jpg

お問い合わせ/ AI の旅を始めましょう。

メールアドレス

オンラインコンサルティング

カスタマーサービスに相談

bottom of page